メインロゴ

盗聴器発見調査や嫌がらせによる被害、ストーカー対策などの証拠収集、また電磁波測定や生 活トラブルに必要なサポートや調査などの対策相談サポートサイトです。

嫌がらせ/ストーカー対策のご相談フォーム

24時間無料通話 ご相談窓口

0120-984-307

【もうやめて!メンタルが崩壊寸前】 集団ストーカーによる嫌がらせ 相談事例 相談窓口

 2021-03-09

【もうやめて!メンタルが崩壊寸前】 集団ストーカーによる嫌がらせ 相談事例 相談窓口

集団ストーカーの調査の案内サイトです。相談、依頼の仕方から料金や事例など、集団ストーカーの対策が必要な場合の集団ストーカー調査に関する様々な知識、情報や、方法などをお伝えします。集団ストーカーのお困りな方は、参考にしていただき、初めて調査依頼をお考えの方は必ずご相談ください。

集団ストーカーの調査のご案内

             目次
・集団ストーカー調査とは
・集団ストーカー調査の相談事例
・集団ストーカー調査の対策
・集団ストーカー調査の依頼方法
・集団ストーカー調査の料金 費用
・集団ストーカー調査 相談窓口

集団ストーカー調査とは

集団ストーカー調査とは、依頼者へ行われている集団ストーカー「いつ」「どこで」「誰が」おこなっているのか、関わっているのかを調べる調査です。それに伴う被害の証拠収集や、状況の記録、対策に必要な調査のことをいいます。

{$block_img_1_alt}

集団ストーカー行為
集団ストーカーは、さまざまな内容があります。誹謗中傷されるような状況であったり、手紙を自宅に送りつけられたり、家に止めている自転車や車、バイクに傷を付けられたり、悪戯されたりなど、また必要以上に付け回されたり、監視されたり、仄めかしを受けたり、多岐に渡り様々です。 集団ストーカーの特徴としては、誰が何のためにやっているのかわからない、犯人の目星はあるが証拠はない、といった状況から精神的にも追いつめられるようになります。集団ストーカーによる被害が大きくなる前に、早期に解決することが必要となってきます。

集団ストーカー調査の相談事例

・仕事で雑用ばかり指示されてプロジェクトを任されない
・同じ色のマスクをした人たちにつきまとわれる
・電磁波攻撃で耳鳴りがする
・PCがハッキングされている
・テレビから私しか知らない情報が流れてくる
・サイトにログインしようとすると、パスワードが変更されている
・入っているファンクラブのメンバーから嫌がらせされている
・毎朝、特定の家の前を通るたびに強く窓を閉められる
・スーパーや街中で、スマホのカメラを向けられ撮影される
・不自然な構内放送が駅の改札を通ると必ず始まる
・わざわざ近づいてきて、大きなくしゃみを連発する
・YouTubeで私の行動を逐一動画にする
・パトカーや救急車とよく遭遇する
・職場で私生活の悪い噂を流される

集団ストーカー相談に関する落ち合わせはさまざまです。ひとりで解決しようとは思わずに、先ずは専門家へ相談することをお勧めいたします。

集団ストーカー調査の対策

集団ストーカによる人探しの依頼事例

誰が何のために集団ストーカーをおこなっているか、原因を追求をすると共に、証拠集は必ず欠かせないものです。そして最終的には集団ストーカーをする行為をやめさせることが大事です。集団ストーカーの手法は多岐に渡り、陰湿なものから、直接、危害を加える行為などありますので、被害に遭ったら早めの対策が必要と考えます。集団ストーカー行為は、ストーカー被害同様、規制法が制定されてます。被害者は、これにより、刑事告発による逮捕、警告、禁止処置など、行政措置が可能になり、被害者自身の護身、自衛支援儲けられます。

相談者による悩み 相談事例①

集団ストーカーの嫌がらせが怖くて、家から出られなくなりました。外に出るたびに、車や自転車がわざと私の近くを通るため、事故に遭いそうになるのです。駅のホームでは、つまづいたふりをして私を押してくる人がいて、危うく、線路に落とされかけました。信号待ちをしていても、後ろから押されたり、バイクで突っ込んでくる人がいるので、車道から離れたところで待つしかありません。食料品はネットで購入して生活していますが、最近は宅配便のスタッフも私を監視しているように思えます。今は、リモートワークなのでなんとかなっていますが、このままでは職場にも行けず、困っています。犯人の心当たりがないわけではないのですが、確信がもてません。私が出かけるのを、どこかで監視していると思うので、なかなか相談にもいけません。なんだか、生きていくのが嫌になってきましたが、それでは奴らの思うツボだと思って、なんとか頑張っています。どうか、助けてもらえないでしょうか?

相談者による悩み 相談事例2

ネットで、私の誹謗中傷がすごくて、どうしたらいいのかわかりません。とある、Facebookグループに参加したのがきっかけなのですが、ZOOMミーティングに参加したあと、私の悪口と思える書き込みがありました。最初は気にしていなかったのですが、自分のプライベートなことまで、書かれているのを見て怖くなりました。一度退出して、ニセアカウントで入ると悪口は続いていて、住所も公開されていました。しかし、「ニセアカウントで入ってきた」とバレてしまったので、以来そのグループの投稿が見れていません。もしかしたら、PCや携帯がハッキング、自宅も盗聴されているのかもしれません。放っておいたら、どんどん人数も増えて、何をされるかわかりません。日に日に、体調も悪くなっていますし、このままではマズいです。何かやめさせる手段はないでしょうか?

相談者による悩み 相談事例3

もう医者も信じられません。数年前から、集団ストーカー被害に遭っています。先日、風邪を引いて病院にいきました。私が病院に入ると、受付の電話がなり、スタッフが一斉に私の方を見て、噂話をはじめました。診察では「こんな薬を飲んだら、余計治らなくなる」というものを処方され「この病院もグルなんだ・・・」と気がつきました。最近は、命の危険も感じています。もう、誰に助けを求めていいのか、分からなくなりました。こんな状況を解決する方法はありますか?

集団ストーカー調査の依頼方法

事前の情報収集
集団ストーカーの被害を受けていると感じたら、躊躇せずにできるだけ早くに専門家へご連絡ください。集団ストーカーは行為は、はじめは小さなことで気のせいであったり、全然大丈夫と思っていても、次第に被害が拡大していく可能性があります。些細な事柄でも現状を把握し、また、ひとりで行動を起こすよりも専門家へ委ねることが大事になります。誰が犯人であるかの心当たりも探すことが必要です。先ずは状況把握が第一歩の情報収集となります。

集団ストーカー調査 無料相談の利用窓口
集団ストーカーにあっているかもしれないと少しでも感じたら、それが勘違いであっても良いのです。まずは専門家へご相談ください。集団ストーカー行為は、自分で解決しようとしても、逆に悪化することが多いです。集団ストーカー犯人を逆立て、行為がエスカレートしてしまうようなことにならないためにも、必ず専門家にアドバイスを受けることを勧めします。第三者による判断が不可欠です。

集団ストーカー調査の対策・費用・調査手法の確認
集団ストーカー行為は、さまざまなものがあります。対策法もそれに合わせ、数々の調査手法となります。相談窓口にお問い合わせの際は、今自分が受けている集団ストーカー被害の内容を詳しく説明し、簡単に資料にまとめておくことが大事でしょう。また調査を依頼する目的や期間などについて充分に打ち合わせをおこなう必要がありますので、慌てず、相談員のアドバイスを聞きましょう。

集団ストーカー調査依頼
専門家との相談後、面談等による打ち合わせをし、集団ストーカー調査を依頼することに決めた場合は、探偵業法に定められた書式書類(調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書)等に必要書類に記載の上、お申し込みの形になります。納得のいく依頼をするためにも、充分な打ち合わせの元、依頼申し込みを行う必要があります。初めての集団ストーカー調査は必ず専門家へご相談ください。

集団ストーカー調査の料金 費用

集団ストーカー調査の費用の前に相談
集団ストーカーにお困りの方は、まず無料の専門家相談をご利用することをお勧めいたします。解決のために必要な情報はどのようなものか、その際にかかる費用はどの程度なのか詳しくお伝えすることが可能です。集団ストーカーの種類によっても調査費用はさまざまですので、先ずは専門家の相談員に確認してみましょう。探偵興信社では初めてのサポート利用の方でも安心の解決プラン(定額安心パック)をご利用いただくことで、通常の問題解決のかかる費用よりも依頼することが可能です。

集団ストーカー調査の料金
集団ストーカー調査の料金相場は、集団ストーカー、盗聴器発見、集団ストーカー被害による調査、つきまといの証拠収集など多岐に渡り15万円~60万円(税込)と言われています。具体的な料金については、事前の情報量や被害の状況等により変動するため一律ではありません。また、集団ストーカーの調査は調査手法も特殊である場合があるので、依頼相談の際に必ず確認が必要です。

集団ストーカー調査 相談窓口

集団ストーカー無料電話相談
集団ストーカー相談による集団ストーカー調査の無料電話相談を利用する際は、できるだけ詳しく状況説明を行い、今自分が持っている情報を伝えることが重要です。
集団ストーカー無料メール相談
集団ストーカー相談による集団ストーカー調査メールフォーム無料相談を利用する際は、出来るだけ詳しく状況説明を行い、今自分が持っている情報を伝えることが重要です。 【注意】メール無料相談は依頼の申し込みではありません。

探偵の調査依頼事例・体験談に関するご相談はこちら

 0120-984-307 24時間無料通話 ご相談窓口

メールフォーム