メインロゴ

盗聴器発見調査や嫌がらせによる被害、ストーカー対策などの証拠収集、また電磁波測定や生 活トラブルに必要なサポートや調査などの対策相談サポートサイトです。

嫌がらせ/ストーカー対策のご相談フォーム

24時間無料通話 ご相談窓口

0120-984-307

【思考盗聴】相談事例|探偵調査|対策|サポート相談室 | 探偵興信社 兵庫県神戸市垂水区

 2021-06-17

【思考盗聴】相談事例|探偵調査|対策|サポート相談室 | 探偵興信社 兵庫県神戸市垂水区

思考盗聴|対策・サポート相談室 | 探偵興信社 兵庫県神戸市垂水区

このサイトでは、思考盗聴被害の実例や対策方法、相談窓口などを紹介していますので、思考盗聴にお悩みの方はぜひご覧ください。

 

|    思考盗聴被害の相談室 兵庫県
 

▪︎他人事ではない思考盗聴被害

▪︎兵庫県 思考盗聴被害の実例

▪︎思考盗聴被害相談に必要なこと

▪︎兵庫県の思考盗聴調査の料金相場 

▪︎思考盗聴被害の相談方法と注意点

▪︎思考盗聴被害に関する全国相談窓口

 

 他人事ではない思考盗聴被害

思考盗聴犯の目的は?

犯行の目的は大きく2つに分けられます。

1つ目の目的は「盗聴や盗撮行為から快楽を得ること」です。この場合、犯人は思考盗聴をすること自体に満足しています。

2つ目は「相手を追い込むこと」です。嫌がらせやストーカー、脅迫、空き巣等で、相手への精神的に追い込むことも目的とされているケースは決して少なくありません。

被害者からすればどちらも恐ろしい行為に変わりはありませんが、更なる被害拡大が起きやすいのは後者のケースです。しかし、被害者自身が犯人の目的を特定するのは困難なため、そういった調査も含めて警察や専門家に相談するのがよいでしょう。

 

年々巧妙化する手口

近年、技術の発達や機械の小型化などの伴い、思考盗聴の手口は巧妙で複雑になってきています。個人では機械の発見が難しいばかりでなく、調査をしたことが犯人にバレてしまい、証拠を隠滅される可能性もあるでしょう。

また、自分で証拠を集めたり、事実関係を整理するのは難しいだけでなく、犯人に逆上されるなどの危険も伴います。ひとりで悩まないで、一刻も早く、思考盗聴対策の専門家に相談しましょう。

 

兵庫県の思考盗聴被害サポート相談窓口

思考盗聴対策でお悩みの方は専門家へご相談下さい。東京総合探偵興信社では思考盗聴をはじめ、様々な嫌がらせに関するご相談や解決方法について専門家がお受けいたします。被害にお困りの時は迷わずにご相談下さい。

全国無料相談 フリーダイヤル
0120-984‐307
24時間対応

 

思考盗聴対策・サポートの順序

 

対策・サポートの流れ 


 

サポート相談員に相談
解決までの道のりの確認

思考盗聴による被害の経緯や状況、相手に関する情報などを詳しく確認し問題解決に向けた道筋をご案内します。被害を解決するために各専門家が必要になる場合は、ご紹介も可能です。また、ご自身で解決する方法や解決できる可能性などについてのご案内も行っております。サポート相談員への相談は、電話相談・メール相談にて24時間お受けしております。もちろん相談は無料です。

 

対策・サポート費用の確認
対策に必要な費用の見積もり
集団ストーカーに対する対策・サポートを依頼するにあたり、事前に経緯や被害の状況をお聞きした上でサポートに必要な費用のご案内、お見積りが可能です。被害の内容に沿ったサポートプラン、解決方法をお選びすることが可能です。また、集団ストーカー被害の対策に必要な各専門家(調査士・弁護士・書士等)にかかる費用のお見積りを作成することも可能です。

 

依頼の申し込み
サポート依頼の契約

対策・サポートのお申し込みは、サポート契約を交わして頂いた後に、サポートを開始します。探偵依頼・弁護士依頼と同時にお申し込みを受けることも可能です。

・サポート契約書への署名捺印

・必要に応じて探偵調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書の作成

・弁護士委任契約書の作成

・その他、サポートに関する確認書類等

 

解決手順の確認
各専門家の有無・解決方法の選定
思考盗聴による被害に対し解決手段の取り決め行い、アドバイザリーリポートの作成を行います。手順に沿って対策を行うことで集団ストーカー問題を解決していきます。手続きや取得する情報等がある場合は、サポート担当者が依頼人に代わり対処していくことでスムーズに問題解決することが可能になります。

 

専門家の準備
各専門家の選定
思考盗聴の被害を解決するにあたって、各種専門家が必要だと判断される場合は、被害状況の内容に沿った専門家を選定し依頼サポートを行います。各専門家がサポート担当者によって選定されますので、被害の内容に沿った専門性やご予算、解決能力など依頼人の条件を満たす専門家を利用することが可能です。特にご予算についてはなるべく低予算で専門家を利用することが可能となります。

 

問題解決
報告書の提出

対策・サポートの手順を遂行することで、思考盗聴被害の問題を解決することができましたら、最期に報告書の提出をします。これからの予防策、ご自身でできる対応策など今後気を付けておくポイントなども報告書にまとめ提出致します。

 

身体への嫌がらせ
  • ゴミや汚物、悪臭のするもの、タバコの吸い殻などのものを投げ入れたり、自宅付近に捨るなど。空気を汚染して健康被害に影響を与える。
     
  • 電磁波や超音波、レーザーなど特殊機材を使用した嫌がらせ
     
  • 食品や飲料などに細工をし体にダメージを与える行為。
     
  • PCやスマートフォンなどの電波を妨害し、パスワードなどのセキュリティ情報を不正に入手する攻撃。

 

 

ターゲットの情報収集・情報漏洩

 

ターゲットの個人情報やその家族、友人などの情報を不正に入手し、悪い噂や情報をまき散らして被害を与える行為や、家族や周囲の人間に対しての嫌がらせ行為。

 

 

 

風評被害・噂の拡散

 

事実無根の悪い噂や、SNSなどを使用して見知らぬ人を取り込み噂を拡散させる行為。友人や家族まで取り込まれてしまうケースも存在する。

 

 

 

情報収集行為

 

  • 被害者の住む自宅付近でゴミをあさるなどして個人情報を抜き取り、その情報を公開する行為。
     
  • 尾行やつきまといによって行動内容や交友関係、家族構成などを把握し、その情報を脅迫に利用する行為。
     
  • 盗聴や盗撮によって個人情報や自宅内での情報を集め、それを公開する行為。

 

思考盗聴 対策・サポートの依頼方法

 

思考盗聴問題の解決は相談すること


思考盗聴被害でお困りでご相談頂く場合は、まず被害の内容(経緯・現状・相手の情報など)について詳しくお聞かせいただくことから始まります。思考盗聴や嫌がらせ被害などの解決には、被害の証拠や相手の特定が必要になるため、証拠がない場合や情報が何もないと解決する事が難しくなります。先ずは、できるだけ現在の状況や相手の情報などをまとめ、専門家へご相談するようにしてください。

 

・悪評の拡散

・ネット掲示板などへの書き込み

・盗聴、盗撮、侵入、盗難

・ゴミのポイ捨て、騒音、電磁波攻撃

・仄めかし、嫌がらせ、当て逃げ

・テクノロジー犯罪、ガスライティング

思考盗聴はほとんどが、被害者を孤立させる目的で危害を加え、普段の生活を送れなくなるといった相談も少なくはありません。その為、深刻な被害に発展しないように、さらなる注意が必要です。

 

対策・サポート依頼に必要なもの


 

思考盗聴や嫌がらせ被害の対策・サポートの依頼をする際は、実際に被害を受けるまでの経緯や現状の情報、相手に関しての情報などを事前に準備して頂くと、スムーズに依頼を受ける事が可能になります。また、思考盗聴被害の内容によっては、即警察が対応してくれる事案もあるため明らかに犯罪行為だと思われる場合には資料を持って、まずは最寄りの警察署へご相談に行かれることをお勧めします。

1.被害を受けるまでの経緯がわかる資料

2.現在の被害の状況がわかる資料(口頭でも可)

3.相手やその関係者などの情報(わかる範囲で)

4.その他専門機関へ相談した際などの見解(警察・弁護士・その他専門機関)

 

解決が困難と思った場合


思考盗聴や嫌がらせ被害の事案には非常に巧妙なやり口もあり、ご自身での解決はもちろん、警察に相談へ行っても現時点での対応が難しいと言われるケースも少なくはありません。思考盗聴や嫌がらせ被害を受けているのは間違いないのに、犯罪として立件できないとなると諦めてしまう気持ちになるのはわかりますが、専門家へ相談へ行ったことにより別の解決方法を見つけて解決まで行ったケースも存在します。様々な専門家へ相談をすることで解決方法を見つけ出すことができる場合もありますので、諦めずに専門家へ相談することが大切です。

 

対策・サポート依頼には契約が必要


思考盗聴や嫌がらせ被害の対策・サポート依頼をする場合、専用の契約が必要となります。契約の内容は現在起きている様々な被害に対し、適切な対策やサポート行う為のサービスとなります。

 

 

思考盗聴に関する知識(関連被害)
  • 仄めかし
    ターゲットの個人情報や気になるワードを何気ない言葉で仄めかし、相手に自分が監視されていると認識させる被害です。
     
  • ガスライティング(Gaslighting)
    ガスライティングは、思考盗聴の最も基本的な手法です。心理学を悪用してターゲットの知覚や思考を混乱させ、現実認識能力を狂わせるように仕向けた被害です。
     
  • スパイ工作
    思考盗聴は一般的に組織での嫌がらせ行為と考えられますが、実際に被害に遭ってみると、スパイ工作の要素が強いです。監視手法、住居侵入方法、尾行だけにとどまらず、被害者に対する心理戦や情報操作もスパイ工作の一つです。
     
  • アンカリング(条件付け)
    特定の仕草や光、音、アイテムをターゲットの意識に植え付ける行為。それを利用して、ターゲットに狙われているという意識を起こさせる手法です。ゾロ目ナンバー車両や緊急車両、咳払いなどです。
     
  • コリジョンキャンペーン(衝突工作)
    ターゲットの進路を妨害する工作です。例でいうと、被害者が歩いていると歩道にたむろしている人間がいたり、車で移動していると、あおり運転や幅寄せなど危険を煽る行為を行ってきます。
     
  • ノイズキャンペーン
    可聴域の音波を利用した被害です。ターゲットの自宅のすぐそばなどで、四六時中工事を行ったり、草刈り機を作動させ、気の休まる時間を削ります。出かける度に、サイレンを鳴らす緊急車両を通過させたり、くしゃみやせき込みをしてストレスを与えます。
     
  • ネット工作
    ターゲットのPCやスマートフォンをハッキングしたり、ウイルスに感染させる攻撃です。その他にも、ターゲットのSNSアカウントに不正なログインをしたり、端末に不具合を起こすなどその手法は多岐に渡ります。
     
  •  不法侵入
    思考盗聴の被害者の多くは、住居侵入を日常的にされていることも少なくはありません。監視カメラを設置してもうまく写ってなかったり、カメラを壊されて証拠がでないことも多いです。

 

思考盗聴 対策・サポート依頼の料金

思考盗聴の対策・サポートを依頼する場合は、費用が必要になります。対策。サポート費用は対策方法やアドバイス、各種専門家の選定、各種代行手続きなどの報酬となります。

 

対策・サポートサービス業務の内容

  • 解決までの手順書(解決レポートの作成)
  • 解決する為の情報・知識の提供
  • 対策に必要な各種専門家の選定(弁護士・調査士・書士等)
  • 依頼人に代わり代行手続き

 

各対策・サポートの内容により費用は異なります


対策・サポート費用は集団ストーカーや嫌がらせ被害の事案により、その期間や費用も異なります。複雑な内容か容易なものか十分に判断した上で費用を定めています。

 

費用の目安
  • 基本サポート(解決の為のアドバイスリポート書面作成):35,000円(税込)〜
  • 対策・サポート(対策に必要な各専門家の選定):75,000円(税込)〜
  • 総合サポート(解決に向けた総合的なサポート):150,000円(税込)~

 

嫌がらせ対策 フリーダイヤル・無料通話 0120-984-307

 

メールの場合…365日24時間対応お問い合わせ

電磁波対策 お問い合わせフォーム

推薦するサポートプラン

 

嫌がらせ調査+対策

基本料金 200,000円(税込)

集団ストーカー対策

基本料金 300,000円(税込)

総合・特殊サポート

基本料金 500,000円(税込)

嫌がらせ調査+対策プラン

嫌がらせ被害の調査と解決に必要な対策

基本料金 20万円(税込)+諸経費

集団ストーカー対策プラン

基本的な集団ストーカー被害の対策

基本料金 30万円(税込)+諸経費

総合・特殊サポートプラン

特殊な集団ストーカーの問題を総合的にサポート

基本料金 50万円(税込)+諸経費

 

お問い合わせ

 

嫌がらせ対策 フリーダイヤル・無料通話 0120-984-307

 

メールの場合…365日24時間対応お問い合わせ

電磁波対策 お問い合わせフォーム

探偵の調査依頼事例・体験談に関するご相談はこちら

 0120-984-307 24時間無料通話 ご相談窓口

メールフォーム