メインロゴ

盗聴器発見調査や嫌がらせによる被害、ストーカー対策などの証拠収集、また生活トラブルに必要なサポートや調査などの対策相談サポートサイトです。

嫌がらせ ストーカー被害対策 相談窓口

 2022-06-17

嫌がらせ ストーカー被害対策 相談窓口

嫌がらせ ストーカー被害対策 調査案内

 

嫌がらせ ストーカーでお悩みの方へ

こちらは嫌がらせ ストーカー対策に関するお問い合わせのサイトです。
嫌がらせ ストーカー被害にあった時どうすればいいの?
嫌がらせ ストーカー行為への対応と対策について知りたい方へのページです。

 

私たち専門家だからこそ、あなたに寄り添うことができます。

■嫌がらせ ストーカー対策の専門家
■24時間対応 相談窓口
■全国各地、地域に特化した担当者が対応
■調査後も安心のサポート・アドバイス

 

嫌がらせ ストーカー問題  24時間無料相談窓口

嫌がらせ ストーカー問題は一人で悩んでいても解決できません。

専門の機関にて、納得のいく調査をすることが必要です。

嫌がらせ ストーカー対策をお考えの方に相談・依頼サポートを開設しております。お気軽にお問い合わせください。
 


|   嫌がらせ ストーカー行為の対策

ストーカー規制法に規定されている8つの行為を知ろう

ストーカー行為は法律違反です。
ストーカーは、特定の人に対する恋愛的な感情やその他の依存感情が満たされなかったことから起こる行為です。
平成12年11月24日に、下記8つの行為が「つきまとい等」としてストーカー規制法として規定されています。

 

1. つきまとい・待ち伏せ・見張り・押しかけ・うろつき

被害例)
・尾行されている。

・行く先々で待ち伏せされている。

・自宅周辺をうろうろしている。

・家の外から見張られている。

・自宅や職場、学校に押しかけてくる。

対策方法)
▪︎ドアや窓には二重のロックを

▪︎女性の1人暮らしは特にドアや窓の開け閉めは注意を

▪︎防犯ブザーを携帯する
 

2. 監視していると告げる行為

被害例)
・自身の行動をメールや電話で連絡してくる

・「いつも見ているよ」と告げられる。

・家を出るときに「いってらっしゃい」、帰宅時に「お帰りなさい」などのメールが勝手に送られてくる。

対策方法)
▪︎不審に思ったことはメモや写真を撮っておく

▪︎カーテンは厚手ものものを利用

▪︎ワンパターンな行動は避け、帰り道のルートや通っているお店を変える
 

3. 面会、交際等の要求

被害例)
・拒否しているのに面会や交際、復縁を求めてくる。

・一方的にプレゼントを送りつけてくる。受け取るように要求する。

対策方法)
▪︎1人では相手に会わない

▪︎警察や信頼できる人に相談する
 

4. 著しく粗野又は、乱暴な言動

被害例)
・大声で「馬鹿野郎!」など罵声を浴びせられる。

・わざとクラクションを鳴らしたり、音による威圧

対策方法)
▪︎常に警察に連絡できるようにしておく

▪︎被害を録音しておく
 

5. 無言電話・連続した電話、メッセージ等

被害例)
・無言電話をし続けてくる。

・拒否しているのに何度も自宅や勤務先、学校に電話をかけてきたり、SNS等でのしつこい連絡

対策方法)
▪︎電話会社に相談する

▪︎相手をブロックする

▪︎警察に訴えることを伝える
 

6. 汚物などの送付

被害例)
・汚物や、動物・虫等の死骸など、不快感を与えるものを自宅や勤務先に送ってくる。

・自転車や車に糞尿等をかけられる。

対策方法)
▪︎届いたものは開けずに警察に持っていく

▪︎開封せずに送り返す
 

7. 名誉を傷つける

被害例)
・名誉を傷つけるような内容を告げたり、文書を送りつけられる。

・誹謗中傷するような言葉をSNS等に発信される。

対策方法)
▪︎文章や被害を全て印刷しておく

▪︎内容と原因を考える
 

8. 性的羞恥心の侵害

被害例)
・わいせつな動画などをメールや手紙などで送りつけられる。

・卑猥な言葉を浴びせられる。

・リベンジポルノなどで脅される。

対策方法)
▪︎個人情報がわかるSNSは削除する

▪︎送りつけられたものを保存し警察に持っていく

 

警察は実害を証明するような証拠がないと取り合ってもらえない場合があります。
解決するためには、状況に応じた調査が必要になります。

 


|   被害届を出すための手順 

 

嫌がらせ ストーカー被害を記録

ストーカー行為を感じたら、相手から言われたこと、されたことを記録しておきましょう。

・メッセージは印刷できるようにしておく

・少しのことでも写真を取っておく

・日時もメモしておく

必要と思えないような情報も、役に立つ場合があります。少しの変化でも記録しておきましょう。

 

1人で対処するのは危険な行為

嫌がらせ ストーカー行為をやめさせようと、加害者に直接関わってしまうと、事態が悪化する場合がほとんどです。ご自身の身を守るためにも、距離を保つことが大切です。

相手を刺激しないように、慎重に行動しましょう。

 

探偵と十分な打ち合わせを行う

お持ちの記録を元に、嫌がらせ ストーカー被害を専門家に相談します。ご自身がどのように対処していきたいか、どのような調査ができるのかを相談していきます。

調査の目的をはっきりとさせ、予算内で効果的な結果が得られるように打ち合わせをすることが大切です。

 

ストーカー被害を状況を警察に報告

調査の結果や、被害状況を警察に報告します。被害届を受理してもらえるような準備をしておきましょう。

被害届が受理されると、加害者に対し、「接近禁止命令」を出してもらうことができます。犯罪だと判断された場合は、罰金・懲役なども課せられることもあります。

その他、弁護士などの機関にも必要があれば相談すべきでしょう。

 


|   嫌がらせ ストーカー被害の対策調査 依頼事例 

  

46歳 女性 依頼事例  

「別れた元カレからの嫌がらせ」

3ヵ月ほど前から複数人の人からストーカー被害に遭っています。 気づいたのは自宅の前に不審な車両が停車していたことからです。私が自宅を出るタイミングで車の窓を開けてコチラを見ていました。それから街で見かける人が私を見ながらイヤホンで何かを話してる姿を見かけるようになりました。今では会社周辺にまで来ています。もう精神的に限界なので問題を解決したいと思い相談させていただきました。 おそらく主犯格がいて私の行動を監視するように指示してると思います。なので主犯格を探し出してほしいです。

 

専門家の意見

複数人からのストーカー行為の相談は近年増加傾向にあります。ストーカーは、感情的になりやすく執着心が強いため、そのままにしておくと、エスカレートしてくる可能性が高いです。一刻も早い対策を取るようにしてください。解決していくためには、第三者が介入し客観的に問題を解決していくことが大切だといえます。まずはストーカー行為を証明していきましょう。ご自身や周りの人の安全を守るためにも、専門家に解決について相談してみることをお勧めします。
 


嫌がらせ ストーカー被害の対策調査は
解決に必要な情報(事柄)を準備することができます。

嫌がらせ ストーカー問題の解決は、原因を特定すると同時に相手に関する情報や状況、被害を証明するための証拠など、解決に必要な情報(事柄)を準備する必要があります。心身共に危険が及ぶ場合がありますので、早急に専門家などに解決を委ねることが大切です。

 


|   嫌がらせ ストーカー被害の対策調査 その他の相談事例 

・32歳 女性 

私は自宅でライブ配信をしてます。初めて半年ほどでファンもたくさんできてとてもうれしかったのですが、最近はファンとファンでの喧嘩などもちらほら見えてきました。僕がコメントに対し、この子のコメントは丁寧に返事してる、などいろいろな理由です。こんなこともあるのはしょうがないなと思っていたのですが、ある日自宅に宛先も送り主も分からない手紙が届くようになりました。手紙の中身はギフトカードと応援してますというメッセージカードでした。最初は間違いかと思ったのですが、頻繁に届くようになりメッセージの内容も僕の配信に沿った内容で、過激になっていきました。ギフトカードはすごく助かっているのですが、住所などは教えていない為、どうやって私の家に手紙を送れるのか分かりません。私は一人暮らしなので正直怖いです。誰が送っているのか知りたいので調べてほしいです。
 

37歳 男性

マンション住民から嫌がらせ被害を受けています。半年ほど前からなんですが、ゴミ出しのことでマンション住民と揉めてから嫌がらせが始まりました。玄関前にゴミを入れられたり、ポストに汚物の様な物を入れられたりするようになりました。最近では隣人が深夜に騒音を出してきたりと、マンション住民が複数人で嫌がらせをするようになりました。おそらく最初に揉めた人が私のありもしない悪口などをひろめて、私を陥れようとしてると思います。なので嫌がらせの証拠を掴んでほしいです。

 

嫌がらせ ストーカー被害対策・サポート相談窓口

ストーカーをはじめとする嫌がらせなどの被害がある場合などは迷わずに専門家へご相談ください。探偵興信社では嫌がらせ問題に関するご相談や解決方法のお問い合わせに専門家がお受けいたします。

全国無料相談 フリーダイヤル0120-984-307 24時間対応

 

嫌がらせ ストーカー対策・調査のQ&A

調査を依頼する方の90%が初めての調査です。

「なんとなく心配」「何を話せばいいのかわからない」「調査を依頼した後が想像できなくて不安」というご不安を抱え、電話・メール相談をされています。

ここでは嫌がらせ・ストーカー被害の対策調査の依頼者様から伺った、嫌がらせ調査に関してのご不安だったことをご紹介します。

Q.どうやってトラブルを解決していくのですか?

A.トラブルの解決は、原因追求、現状の把握、解決のための対策、解決後のフォローの手順です。

その際に必要とされるのが情報収集(調査)は、トラブルの原因となった事柄や相手、被害に関する情報を集めることで被害を証明することができ、同時に解決策を見出すことができるのです。嫌がらせでお困りの方は、専門家の調査(情報収集)を行うことが不可欠です。

 

Q.ストーカーや嫌がらせをされている確信はないのですが調査は可能ですか?

A.嫌がらせの被害は、自分自身が認識しない場合や、原因さえも分からない中で被害を受けるケースもあります。

気付かない内に嫌がらせに遭っている被害者は、生活していく上で困難な状況へと追い込まれてしまうケースが多くございます。少しでも異変を感じたらご相談ください。

 

Q.ストーカーについて警察に相談したら、注意喚起だけでした。他にできることはありますか?

A.緊急性のない場合や、証拠が不十分な場合、警察ですぐに動いてくれない場合があります。

その場合、専門家による調査が大変有効です。被害を証明することができる証拠の提出により、法的に対処可能になるほか、問題が解決される可能性が一段と高まります。周りに話せないような内容でも、まずは専門に状況をご相談下さい。

また、調査依頼・調査中・調査後のアフターケアサポート時もご家族に知られることはありません。調査方法なども、家族や周囲の方にに知られることが無いプランをご案内しますのでご安心ください。

 

Q.調査に追加料金は発生しますか?

A.契約時に説明した以上の追加料金は発生致しません

追加料金に関しては、必ず契約時にご確認させていただきます。状況により、手段を変えて調査をしたり、日数を延長する必要のある調査もございます。お客様と話し合いをしながら進めていきますので、ご安心ください。   


メールでの相談窓口も365日24時間お問い合わせ可能

嫌がらせ ストーカー被害の対策 / 調査の目的

どのように問題を解決したいのか、
改めて考えてみましょう。
ー 目的に合わせた調査方法をご提案いたします。
 
嫌がらせ被害の現状を確かめたい。
→嫌がらせ問題を解決するためには、何よりも正しく現状を整理することが大切です。知った上でどのように対処していくべきか、一緒に考えていきます。
→調査例:尾行調査、張り込み調査等
 

慰謝料を請求したい。
→確実な証拠を掴むことです。嫌がらせをしていた犯人の身辺情報も入手することが必要となってきます。
→調査例:身辺調査、データ調査、調査報告書の作成等
 

嫌がらせ対策の方法を知りたい。
嫌がらせの効果的な対策を考えていきましょう。嫌がらせの原因を明らかにした上で、これからの関わり方や対策方法を、アドバイス、サポートさせていただきます。
→調査例 : 尾行調査、張り込み調査、アドバイスサポート等

 

こんな状況で困っていませんか?


・ポストにゴミを入れられる

・職場に誹謗中傷の手紙が届く

・家に頼んでもないものが届く

・ネット上に無断で電話番号や住所をさらされた

・噂話をされている

・クレーマーがいる

・脅迫されている

 

問題解決は相談の一歩から

探偵興信社では様々な相談・依頼をお受けしております。トラブルを巻き込まれているかもしれないと少しでも不安がある場合は一人で悩まずにご相談下さい。

 

嫌がらせ対策・調査相談窓口を利用する

土地勘のある調査員が必要とする情報を収集いたします。トラブル解決に必要な情報の種類や調査に関するお問い合わせは電話・またはメールにて受け付けております。全国での調査も対応いたします。

 

嫌がらせ対策・サポート相談窓口

盗聴盗撮・ストーカーをはじめとする嫌がらせなどの被害がある場合などは迷わずに専門家へご相談ください。探偵興信社ではご相談や解決方法などのお問い合わせに専門家がお受けいたします。

全国無料相談 フリーダイヤル0120-984-307 24時間対応

嫌がらせ ストーカー被害の対策調査 料金相場

嫌がらせ ストーカー被害の対策調査の料金設定は、調査会社によってそれぞれですが、調査の難易度であったり、調査期間、重視する情報・証拠収集の追求度などによって調査手法が異なるため、どの案件も一律ではありません。調査の料金が「高い」「安い」「一般的」を判断するためには、調査内容を担当者に詳しく確認することが大切です。

 


解決のために必要な情報はどのようなものか、その際にかかる費用はどの程度なのか詳しくご説明します。探偵興信社では初めてご利用の方でも安心のプラン(定額安心パック)を用意しております。通常の問題解決の費用よりも抑える事が可能です。また内容により適切な料金アレンジが可能ですので、ご依頼前にご予算などをご相談下さい。

持っている情報が多いほど費用の軽減へと繋がります。嫌がらせ被害の解決に必要な調査は、状況により多岐に渡ります。嫌がらせの内容や状況によって調査方法や調査項目、料金に変動があります。一般的に事実確認、証拠収集調査、相手特定調査等は同じ時間での単価、日数による単位となります。

各取り扱い業者により、金額設定やプランの内容は様々です。必ず依頼前にどれくらい費用がかかるのかを確認しましょう。

 

調査費用事例①   事実確認調査

調査内容:張り込み調査による嫌がらせ事実の確認

調査期間:3 日間 25時間 時間指定

調査費用::25万円(税込)+経費(調査員交通費など)

 

調査費用事例②   証拠収集調査

調査内容:行動調査による事実確認及び、嫌がらせ相手の身辺調査

調査期間:1ヶ月間 40時間 週末5時間程度

調査費用:56万円(税込)+経費(調査員交通費など) 

 

調査費用事例③    相手特定調査

調査内容:犯人だと思われる人物の身辺・行動調査など

調査期間:3週間 30時間

調査費用:36万円(税込)+経費(調査員交通費など)


嫌がらせ ストーカー問題を解決 24時間対応 無料相談窓口

嫌がらせ ストーカー被害に対してにやってはいけない行為


嫌がらせ ストーカーにおいて、やってはいけない注意点をご紹介します。

嫌がらせ ストーカーは、一歩対応の仕方を間違えると、被害が大きくなってしまうこともあります。

被害を解決にしていくにあたり、注意が必要です。

必ずご確認ください。

 

嫌がらせ ストーカーに反応する


ほとんどのストーカーや嫌がらせをしてくる人たちは、事実を自分たちの都合のいいように捉えていることが多いです。やめるように説得したい、反撃したい、そんな思いもあるとは思いますが、「自分に興味を持っているんだ」と思われてしまうこともあります。

何よりもストーカーや嫌がらせを相手にしないようにすることが大切です。

 

突然、相手のとの関係を断つ


相手にしないようにするからといって、急に関係を遮断することは大変危険です。連絡先をブロックしても、他の手を使って連絡を取ろうとするため、どんどんいろんな情報を吸収される可能性があります。嫌がらせから逃げるために、突然の転職をしたり、引っ越しをするだけでは解決にはなりません。

連絡が取れないことでより一層フラストレーションが高まり、いつか爆発してしまうこともあります。嫌がらせの根本を断つことが重要です。

 

身近にいる人を介入させる


あなたの周りには、あなたを守ってくれようとしてくれる正義感の強い方もいると思います。「代わりに、直接話をつけにいく」と心強い味方もいることでしょう。しかし、ストーカーや嫌がらせの犯人は、より一層フラストレーションをためこみ、その人にも危害が加わる可能性があります。

特に異性が介入する場合は、「仲を引き裂くつもりだ」「この人さえいなければ、、」と、関係を排除させるように動く可能性があります。

一人で悩むよりも周りに相談することは、もちろん大切ですが、どうするべきか一緒に対策を考えてもらいましょう。

 

警察への通報のタイミングを間違える


ストーカーや嫌がらせの被害にあったら、まず警察へ相談する方が大半だと思います。しかし、警察が対応できる嫌がらせ ストーカー被害の対策は万全とは言い切れません。被害状況や実害を証明できないと、すぐに対処してもらうことは難しいのが現状です。

また、相手に自覚がない場合、警察が介入することによって逆上してしまうこともあります。通報のタイミングを間違えると危険が伴う可能性もあるのです。
しっかりと考慮した上で、相談するべきでしょう。

 

ご自身で各専門家を探すことの費用と労力を考えると、探偵興信社アドバイザーにご相談いただくことをお勧めします。


嫌がらせ ストーカー問題を解決 24時間無料相談窓口

嫌がらせ ストーカー被害の対策調査の依頼方法 & ご相談について

 

まずは私たち専門家に相談してください

誰にも言えないような悩みも、専門家なら解決できることがあります。

まずは無料の電話相談で現在抱えている問題の状況や内容を相談しましょう。

調査内容や費用をはじめ、様々な相談が可能です

電話または、お問い合わせメールでご連絡ください。

24時間受付・全国無料通話フリーダイヤル
0120-984-307

専用メールフォームへ

面談の申し込み

より詳しく問題を相談をするために担当者と直接面談をしましょう。問題内容に添った調査の詳細や期間、費用についてもご説明します。直接面談を行ったからといって、契約を強制することはありませんので、ご安心ください。

依頼調査期間・費用の確認と申し込み

調査期間や費用は内容により異なります。必ず事前にご確認の上、ご自身の目的に適切な内容で調査できるかを確認し、ご依頼下さい。

調査結果の報告

調査結果は報告書または口頭にて行われます。依頼時に報告書あるいは口頭での報告についてご確認下さい

依頼調査終了後のアドバイスとケア

探偵興信社では、ご依頼者様が調査によって得た情報をどのように活用するかや今後の対応について、専門家によるアドバイスも行っています。状況によって、弁護士等必要機関への紹介もサポートしております。必要に応じてご利用下さい。

 

■嫌がらせ ストーカー被害の対策調査に必要な書類

依頼のお申し込みには下記の3つの書類が必要です。

調査委任契約書 (費用や期間など契約に関する内容を確認していただきます)
重要事項説明書 (探偵業法を含む重要事項の確認をしていただきます)
誓約書 (調査結果を不当な理由で利用しないお約束をしていただきます)
以上3点

身分証明書 (本人であることの証明の確認。)
 

■ 全国どこからでも嫌がらせ ストーカー被害の相談が可能

嫌がらせ ストーカー被害の対策調査に関するご相談は専門の探偵事務所をお勧め致します。

嫌がらせ ストーカー被害の対策調査に関するご質問や料金のご案内については専門家までお問い合わせください。会社によっては得意な調査や不慣れな調査などもございます。あらかじめ確認しておくことが良いでしょう。はじめてのご相談でも安心してご利用いただけるよう24時間いつでも嫌がらせ ストーカー問題の専門家が対応しております。

独自の全国ネットワークにより、遠方の調査にも対応可能です。

 

■嫌がらせ ストーカー被害の対策調査の注意点

トラブルに関する情報

トラブルが始まった時の原因、現在の状況、些細なことでも担当者にお話ください。被害の記録がある場合は必ず残しておくことが大切です。

調査料金

成功報酬、前払い契約など、条件はしっかりと確認しましょう。十分検討し、ご自身が納得のいく料金と内容であることが大切です。

その他

どのくらいの期間の調査であるのか、調査の延長がある場合どのような契約になるのか必要なるのかなど、不明な点がないように事前に確認しましょう。あくまでも調査の主体は、依頼者様ご自身です。担当者に任せるだけではなく、ご自身で確認、納得することはとても重要です。
 

嫌がらせ ストーカー被害のサポート相談窓口

探偵興信社では嫌がらせに関するご相談や解決方法などに関するお問い合わせは専門家がお受けいたします。被害に遭ってるかも?そんな時は必ずご相談ください。

全国無料相談 フリーダイヤル
0120-984-307
24時間対応
 
24時間 365日対応しています。
嫌がらせ ストーカー被害の対策は、必ず専門家へご相談ください!!
いつでも私たちはあなたの味方です!!
嫌がらせ対策・調査 会社での嫌がらせ/自宅での嫌がらせ/誹謗中傷/対策コンサルティング
ストーカー対策・調査 つきまとい/ストーカー/ネットストーカー/対策コンサルティング
盗聴・盗撮問題 盗聴器発見/犯人特定調査/盗聴盗撮ガード/対策コンサルティング
近隣トラブル対策 隣人トラブル/騒音トラブル/トラブル対策/対策コンサルティング

 

探偵への質問と答え(事例集)に関するご相談はこちら

 0120-984-307 24時間無料通話 ご相談窓口

【無料/匿名OK】今すぐメールで相談

「嫌がらせ調査・ストーカー対策」のテーマの記事