メインロゴ

盗聴器発見調査や嫌がらせによる被害、ストーカー対策などの証拠収集、また生活トラブルに必要なサポートや調査などの対策相談サポートサイトです。

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめに関する対処法

 2022-06-29

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめに関する対処法

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめに関する対処法について

■嫌がらせ 誹謗中傷 いじめ

「誹謗中傷」とは根拠のない悪口で他人を傷つける行為のことをいいます。
インターネット、職場、近隣、学校などでありもしないことを吹聴することや、容姿の事を罵倒すること、殺すぞ!などの脅しをネットで書き込む行為などのことを「誹謗中傷」といいます。

 

■嫌がらせ 誹謗中傷 いじめ行為に対して自分でできる対処法

インターネットでの誹謗中傷であれば誹謗中傷の書き込みなどをスクリーンショットやカメラで撮影して保存しておきましょう。また書き込みをしていた日時やURLなども記録しておきましょう。
職場や近隣、学校などでの誹謗中傷やいじめであれば誹謗中傷している音声や映像などを撮影して保存しておきましょう。
またご自身がその事で受けた被害(病院での診断書)なども保管しておきましょう。

インターネットやSNSでの誹謗中傷は自分で削除請求をすることもできます。自分で削除請求ができない場合は弁護士に削除請求を依頼することをお勧めします。同時に警察にも相談しておきましょう。
職場や近隣、学校などでの誹謗中傷やいじめ被害を受けてる場合は、職場の上司や学校の先生など第三者に相談しておくことをお勧めします。それでも誹謗中傷やいじめが終わらない場合は警察に相談しましょう。ですが証拠がない場合、警察に相談しても積極的な捜査には期待できません。
問題が解決できない場合は嫌がらせ 誹謗中傷 いじめの対策を専門にしている探偵会社に相談することをお勧めします。

 

■嫌がらせ 誹謗中傷 いじめに関する相談事例

『SNSやネットでの誹謗中傷』 30代 女性


4ヶ月前からSNSやネットの匿名掲示板で悪口や個人情報を書き込まれるようになりました。誰がなんのためにやってるのかわからなく、最初の1ヵ月ぐらいは我慢していたんですが、我慢の限界がきて、書き込みに反応しました。それから誹謗中傷がエスカレートするようになり、私が前日に行った場所や買い物をした物なども書き込まれるようになり身の危険を感じるようになりました。ネットの世界だけならまだしも、リアルでも監視されてるようです。それから出かける際には怪しい人を探すようになったんですが、それらしい人を見つけることができませんでした。私もこれ以上は精神的に限界を感じたので、対処法などを教えていただきたいと思い相談させていただきました。

 

■嫌がらせ 誹謗中傷 いじめ行為は放置しない


また嫌がらせ 誹謗中傷 いじめはSNSやネット、近隣、職場、学校などどこで発生するかも分かりません。嫌がらせの内容や場所に合った対策をするのはかなり難しいものです。しかし「時間が解決してくれる」と問題を先延ばしにしてしまうと、行為がだんだんエスカレートしてしまう危険性もあります。


この記事では探偵による嫌がらせ被害を解決するための調査についてご紹介します。
 

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめなど様々な嫌がらせの種類

嫌がらせについてはまず、どんな被害を受けているかで分類できます。

 

■被害状況による嫌がらせの分類
精神的被害
他の被害によって副次的に引き起こされるケースもあります。心への影響のため、見た目で被害を証明することが難しいです。嫌がらせ調査によって客観的な証拠を集める必要があるでしょう。

 

身体的被害
暴力やセクハラ、いじめなどが該当します。これらは行為がエスカレートする前にできるだけ早く対策する必要があります。

 

物的被害
所有物を壊される、車にいたずらをされるなどの被害が代表的です。犯人の特定のためにも証拠の収集が欠かせません。

 

金銭的被害
弱みやヒミツに付け込み、金品を要求されるケースがあります。解決のために、探偵の嫌がらせ調査が役に立つでしょう。


被害状況以外にも嫌がらせの内容による分類もできます。自分がどんな嫌がらせにあっているか考えることは現状の整理にも繋がります。

 

■ハラスメント
相手に不快感を与えたり、傷つけたり、不利益を与えたりする嫌がらせ全般を指します。ここで大切なのは行為の主体(嫌がらせ行為をする人)の意思は関係ないという点です。

主なハラスメント
・パワーハラスメント(パワハラ)
・セクシャルハラスメント(セクハラ)
・モラルハラスメント(モラハラ)
・アルコールハラスメント
・スモークハラスメント
・スメルハラスメント
・レリジャスハラスメント
・エレクトロニックハラスメント


■ハラスメント以外の嫌がらせ
嫌がらせ行為の中にはハラスメントに分類できないものもあります。

暴力行為
体罰や行内暴力、DVなど

 

虐待
ネグレクトや児童虐待、高齢者虐待、動物虐待など

 

誹謗中傷
悪口、陰口、誹り、ネットや職場などで根拠のないことで名誉を傷つける行為など

 

いじめ
校内いじめ、職場でのいじめ、性的いじめ、近隣住民からのいじめなど


差別
宗教、性別、職業、障害の有無などに起因


探偵はあらゆる調査が可能
事件性の高いものは警察、地域の問題になっているものは自治体に相談するのも対策の一つです。しかし、嫌がらせの種類によっては警察や自治体での対応が難しいものも存在します。証拠が少ないもの、警察が動くには事件性の低いものなどは探偵に相談しましょう。


嫌がらせ調査専門の探偵は裁判で使える証拠を探す、警察と連携するなど、問題解決のためのトータルアドバイザーとしての役割を担えます。
 

嫌がらせ被害対策無料サポート窓口

無料電話相談では嫌がらせ調査について相談をお受けしております。全国通話無料のフリーダイヤルから24時間受付け対応しております。ご相談ケースについて、詳しい調査方法やお見積もりもご案内可能です。
早い解決のためにも、早めのご相談をお勧めしております。


 

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめ被害 電話無料相談:365日24時間受付対応・全国通話無料フリーダイヤル


嫌がらせ 誹謗中傷 いじめ被害 メール無料相談:365日24時間対応・お問い合わせはこちらから 

 

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめに関する調査の目的と探偵の調査

■嫌がらせ 誹謗中傷 いじめに関する調査の主な目的
・嫌がらせ誹謗中傷を自分で解決できないので、専門家に任せたい
・警察が動いてくれるような誹謗中傷の証拠がほしい
・誹謗中傷をしているの犯人をつきとめたい
・いじめの証拠動画を抑えたい


■探偵の嫌がらせ 誹謗中傷 いじめに関する調査の基本的な考え方
探偵はまず、嫌がらせ 誹謗中傷 いじめ行為による被害状況や被害に至る経緯・その原因となる事項について十分に分析します。加えて、相手との関係性や人物像についても考慮した上で適切な対策を考えることを大切にしています。
 

 

| 嫌がらせ 誹謗中傷 いじめに関するその他相談事例

 

職場で上司からパワハラを受けています。そこから波及して同僚にも嫌がらせをされるようになりました。これ以上は許せないので、嫌がらせの証拠を押さえて法的措置を取りたいので協力してほしいです。

 

インターネットでライブ配信してるんですが、最近、アンチの誹謗中傷やネットの匿名掲示板での誹謗中傷が酷くなりました。最寄り駅のことまで書き込まれていて身の危険を感じるようになったので相談させていただきました。

 

近隣住民に私のありもしない話を広められています。そのせいで近隣住民からは無視をされてり、冷たい目で見られるようになりました。デマを流してる人を特定して辞めさせたいので探してほしいです。

 

 

嫌がらせ被害対策無料サポート窓口 料金見積もり
嫌がらせ調査の料金見積もりは全国通話無料のフリーダイヤル、メール無料相談からお受けしております。原則24時間受付け対応しております。ご相談内容・現在お持ちの情報をお聞かせ下さい。すぐにお見積もりのご案内可能です。またご予算がある場合にも是非ご相談下さい。

 

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめ被害 全国無料相談
フリーダイヤル

0120-984‐307
24時間対応

 

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめの証拠収集の調査費用事例

嫌がらせの証拠収集を探偵に依頼する際にどうしても気になるのが「調査費用」でしょう。相場は10万円~50万円程度といわれていますが、様々な要因で金額は変動します。

 

■嫌がらせ 誹謗中傷 いじめの証拠収集の調査費用事例


探偵興信社では様々な嫌がらせの証拠収集の調査依頼をお受けしております。証拠収集の調査費用は嫌がらせの内容により異なります。「被害状況」「犯人に関する情報」「調べてほしい内容」「希望調査期間」などの情報を事前に探偵に共有することでより詳細な見積もりの提示が可能になるでしょう。下記は実際にお受けした嫌がらせの証拠収集の費用事例です。ご参考にしてください。

 

嫌がらせの証拠収集の調査費用事例

SNSやネットでの誹謗中傷の証拠収集
(10日間)15万円
(30日間)40万円

 

職場でのいじめの証拠収集
(10日間)20万円
(20日間)35万円

 

近隣住民による誹謗中傷の証拠収集
(一週間)20万円
(15日間)30万円

 

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめの証拠収集の調査を依頼する際は事前の無料相談を利用しましょう。探偵興信社では嫌がらせの内容によって様々な料金プランをご用意しています。その際、見積もりを提示してもらい、内訳を詳細に説明してもらうことで料金に関するトラブルリスクは軽減できます。


また、どうしてもという予算がある場合は予算範囲内でできる調査を提示してもらうのも一つの手です。
 

 

嫌がらせ被害対策無料サポート窓口

嫌がらせ調査についてのメール無料相談では、ご相談や料金の見積もりなどをお受けしております。電話で相談する時間が取れない場合や、経緯を説明するのが電話だと困難な場合、電話だと話しづらい場合などにメールでの相談が適しています。メール相談は専用メールフォームに内容を記載し送信していただくことで専門の相談員に届きます。返信メールは原則24時間以内に返信が届きます。


 

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめに関する調査の流れ

嫌がらせ調査について、相談から完了までの流れをご紹介します。

 

1.無料相談
まずは無料相談にて被害状況や現在の情報量、相談者様のご希望などの確認を行います。不安点や疑問点、その他に聞きたいことがある場合は遠慮せずにご質問ください。

2.見積もりのご提示
無料相談の内容を踏まえて見積もりをご提示します。その際には金額だけでなく、調査方法や調査期間、追加料金発生の可能性など、あらゆることを詳細にご説明いたします。

3.ご契約
見積もりにご納得いただければ契約となります。
・重要事項説明書
・調査委任契約書
・調査目的確認書
・その他、調査項目別の説明書
などにご署名いただきます。

4.調査開始
事前準備も万端に行った上で調査を行います。難易度の高い調査でも可能な限り対応します。また、経過報告も合わせて行うのでご安心ください。

5.結果報告
調査内容を詳細に報告します。

6.アフターフォロー
嫌がらせは調査だけでは解決しません。その後のアフターフォローも探偵の役目です。必要に応じて追加調査を行ったり、各専門機関を紹介したりします。
 

 

| 嫌がらせ 誹謗中傷 いじめの証拠の使い方


■嫌がらせ相手と直接交渉する

直接交渉する場合は、決定的な証拠が必要になります。もちろん一度だけの証拠では言い逃れされる可能性もあるので、複数回被害を受けているという証拠がなくてはなりません。
しかし証拠を突き付けても相手が嫌がらせ誹謗中傷したことを認めない場合もあります。そういった場合は相手に法的手段をとることを伝えなくてはなりません。裁判や刑事事件に発展した場合、相手は社会的に信用を失うといった恐れから、嫌がらせをやめさせたり謝罪させる方法です。

 

■内容証明を相手に送付する

内容証明には法的な効力はありませんが、相手に被害の内容をはっきりさせる、対応期限を設けて話し合いの場に来させる、相手に法的措置も辞さないないという意思を見せる、といった効果があります。

 

■民事裁判に持ち込む

民事訴訟を起こし裁判に持ち込み、相手に賠償金を支払わせる場合、確実な証拠が必要になります。証拠が不十分であれば、訴えは認められず賠償もされません。
裁判による解決の利点は専門家の執行により強制執行ができることです。ですが裁判には高額な費用がかかるので、和解を提案することもあります。

 

嫌がらせ被害対策サポート相談窓口 嫌がらせなどの被害がある場合などは迷わずに専門家へご相談ください。探偵興信社では嫌がらせに関するご相談や解決方法のお問い合わせに専門家がお受けいたします。被害に遭ってるかも? とそんな時は必ずご相談ください。

 
嫌がらせ 誹謗中傷 いじめ被害 電話無料相談:365日24時間受付対応・全国通話無料フリーダイヤル
 

 

嫌がらせ 誹謗中傷 いじめ被害 メール無料相談:365日24時間対応・お問い合わせはこちらから 

 

 
24時間 365日対応しています。
嫌がらせ 誹謗中傷 いじめトラブル対策は、必ず専門家へご相談ください!!いつでも私たちはあなたの味方です!!
嫌がらせ対策・調査 近隣トラブル/自宅会社嫌がらせ/つきまとい/対策コンサルティング/メンタルサポート
誹謗中傷 いじめ対策・調査 ネットでの誹謗中傷/職場でのパワハラ/学校でのいじめ/対策コンサルティング/メンタルサポート
盗聴・盗撮問題 盗聴器発見/犯人特定調査/盗聴盗撮ガード/対策コンサルティング/メンタルサポート
トラブル調査 対策 男女間トラブル/近隣トラブル/ネットトラブル/会社勤務先トラブル

 

嫌がらせ調査の依頼方法

嫌がらせ調査については、いきなり契約するのではなく、無料相談を利用して内容に納得した上で依頼しましょう。

その際は以下のものをご準備ください。


■嫌がらせ調査の依頼に必要なもの
・嫌がらせの被害状況が分からるもの
・犯人に関する情報
・調査料金
・印鑑(書類への捺印に必要)


■依頼時の注意事項
・自分が望む解決の形を探偵と共有する
・信頼できる会社や担当者を選ぶ
・目的た予算に合ったプランを選ぶ
・アフターフォローの有無なども確認する

 

上記の点は調査のトラブルを避ける上でとても重要です。事前にしっかりと確認しましょう。
 

嫌がらせ被害対策無料サポート窓口

初めて依頼サポート
嫌がらせの被害で初めて調査をご希望の場合には、”初めてサポート”で各種調査のご利用について、トータルにサポート致します。専任の専門家がお悩みの内容から相談や被害対策、料金相談まで、トータルに分かりやすく対応させていただいております。初めての方でも是非お気軽にご相談下さい。

 

探偵の調査依頼事例・体験談に関するご相談はこちら

 0120-984-307 24時間無料通話 ご相談窓口

【無料/匿名OK】今すぐメールで相談

「誹謗中傷 いじめ 嫌がらせ」のテーマの記事