メインロゴ

盗聴器発見調査や嫌がらせによる被害、ストーカー対策などの証拠収集、また電磁波測定や生 活トラブルに必要なサポートや調査などの対策相談サポートサイトです。

盗聴盗撮|被害|沖縄県島尻郡南大東村の探偵|嫌がらせ調査|相談窓口

 2021-04-01

盗聴盗撮|被害|沖縄県島尻郡南大東村の探偵|嫌がらせ調査|相談窓口

盗聴盗撮被害に関する知識

盗聴盗撮被害とは悪意ある人間によって、自宅、公共機関、金融機関やコンビニなどに設置され個人情報が盗み見られ悪用されることです。また、盗撮に使われるカメラは非常に小型なもの、直径1mm程度の穴があれば設置可能です。盗聴器に関しては、電源に繋がれ、半永久的に送信し続けられるタイプのものもあります。そのような機器類を用いて犯罪行為被害へとつながります。

 

|  盗撮盗撮被害に関する案内

島尻郡南大東村で起こる盗聴盗撮被害の相談事例

盗聴盗撮被害に関する相談・対策窓口

盗聴被害とは

盗撮被害とは

盗聴盗撮に関する法律

盗聴盗撮被害の対策法。解決の仕方

 

| 島尻郡南大東村で起こる盗聴盗撮被害の相談事例

盗聴盗撮被害の相談事例


・自宅にて電話を使い通話をしているときノイズが入ったり、途中で電話が切れてしまうことが多々ある

・電話している間、違和感を覚え、電話を切ると違和感がなくなる

・自分の行動が誰かに把握されていたり、読まれていたりなどする

・会社の機密事項が他社にバレている

・誰にも話してない内容が近所の住人や知らない人物にわかってしまっている

・外出時、誰かに付け回されている状況が続く

・ネットなどに自分の噂を風評している人物がいる

・ネットなどに自分の盗撮された写真が拡散されている可能性がある

・パソコンや、携帯電話が覗かれている可能性がある

・自宅で盗撮されていると思われる

 

島尻郡南大東村の盗聴盗撮被害に関するご相談や事例の紹介、対策、解決方法などに関するお問い合わせは、地域での担当の専門家がお受けしています。同様な被害や対策など、ひとりで悩まず、先ずは専門家へご相談ください。

 

| 盗撮盗撮被害に関する相談・対策窓口

 

・ご近所トラブル、ストーカー被害、集団による嫌がらせは専門家による対応が必要です。初めてのご相談は必ず専門家へご相談ください。

盗聴盗撮に関する法律

盗聴盗撮における法律


盗聴や盗撮行為には多くの法律が関連しています。ただ直接取り締まる法律は現在せいてされておらず、実際に盗聴・盗撮は何らかの形で現行の法律・条令に抵触しているのも事実であります。盗聴の法的な規則は「電波法」のみとなっており、これに違反すると処罰の対象となります。盗撮は「迷惑行為防止条例違反」や「迷惑行為」説いたものが適用されます。

 

盗聴盗撮に関わる法律


盗聴器を仕掛ける時に、許可なく他人の住居等に侵入すると、「住居侵入罪」により罰せらます

刑法

(第103条) 住居侵入罪

理由なく、他人の住居または人が看守する邸宅、建造物に侵入し、または要求を受けてもその場所から退去しない者は三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

軽犯罪法

(1条23項)窃視罪

正当な理由がなく、他人の住居、浴室、更衣室、便所その他、人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞきみた者は拘留または科料に処する。

 

| 有線式の電話盗聴


電話回線上に盗聴器を仕掛けて通話内容を傍受すると、以下の法律に抵触することになります。

有線電気通信法

(第9条) 有線電気通信の秘密は、侵してはならない。

(第13条) 有線電気通信設備を損壊し、これに物品を接触し、その他有線電気通信設備の機能に障害を与えて有線電気通信を妨害した者は、5年以下の懲役または100万円いかの罰金とする。

(第14条) 第9条の規定に違反して有線電気通信の秘密を侵した者は、2年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する

・電気通信事業法

(第4条) 電気通信事業者の取り扱い中に係る通信の秘密は侵してはならない。

(第104条) 電気通信事業者取り扱い中に係る通信の秘密を侵したものは、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

・電気通信事業に従事する者が前項の行為をしたときは、2年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

・前2項の未遂罪は、罰する。

 

| 携帯電話・コードレス電話の盗聴


携帯電話やコードレス電話は無線式の通信手段なので、有線電気通信法違反にはならず、現行法の中では取り締まるものがありません。但し、その盗聴した内容を第三者に漏らしたりした場合には、電波法第59条に違反したことになります。

・電波法

(第4条) 無線局を開設しようとする者は、郵政大臣の免許を受けなければならない。ただし、次の号に掲げる無線局については、この限りではない。

・発射する電波が著しく微弱な無線局で郵政省令で定めるもの

(第6条) 第4条第一号の「発する電波が非常に弱い電波局」とは、次のものをいう。

・当該無線局の無線設備から3メートル離れた地点にて、電界強度が上欄の区分に該当し、下欄の値以下であるもの

・322Mhz以下 322MHzを超え10Hz以下

・毎メートル500マイクロボルト 毎メートル350マイクロボルト

(第59条) 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在もしくは内容を漏らし、またはこれを盗用してはならない。

(第109条) 無線局の取り扱い中に係る無線通信の秘密を漏らし、又は窃用した者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。

(第110条) 次の各号の1に該当する者は1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。

 

| 無線機の盗聴・盗撮カメラ


無線免許を持たない人物がある程度以上の強さを持つ電波を発する無線式盗聴・盗撮機器を使用することは電波法に触れる可能性がある。微弱な電波しか発しないものであれば免許は不要だが、それ以上の電波法施行規則第六条に触れる可能性がある

 

第六条 法第四条第一項第一号に規定する発射する電波が著しく微弱な無線局を次のとおり定める。
一 当該無線局無線設備から三メートルの距離において、その電界強度(総務大臣が別に告示する試験設備の内部においてのみ使用される無線設備については当該試験設備の外部における電界強度を当該無線設備からの距離に応じて補正して得たものとし、人の生体内に植え込まれた状態又は一時的に留置された状態においてのみ使用される無線設備については当該生体の外部におけるものとする。)が、次の表の上欄の区分に従い、それぞれ同表の下欄に掲げる値以下であるもの(以下略)

電波法施行規則

  • 322MHz以下、毎メートル500マイクロボルト
  • 322MHzを超え10GHz以下、毎メートル35マイクロボルト

盗聴盗撮被害に遭われている方は一人で悩まず専門家へ必ず相談を!

嫌がらせ対策相談室無料サポート

(はじめての依頼サポート)

初めての嫌がらせ対策相談室をご利用でも安心の「はじめてサポート」でご相談ください。専門の担当者があなたの悩み・不安・対策相談・費用相談を親身にサポート。是非、ひとりで悩まずご利用ください。

 

 

盗聴被害とは

盗聴


盗聴被害とは、室内に置ける状況やプライバシー情報を本人に悟られないように聴取・録音する行為によっての被害をいいます。

 

盗聴器の種類賀と主な周波数


盗聴器には様々な形状、機能性があり、素人が見た目にはわからないものが多く、設置されているかどうかを確認するには、専門家の知識が必要となります。

・コンクリートマイクを使用したタイプ 壁を通じて盗聴を行う

・コンセント内や延長コードの中に設置 日常の生活の環境に適している

・文房具や置物、ぬいぐるみなどに設置タイプ 置物として部屋に存在している

・電話機の中、外部の配線等に設置、第三者との会話を盗聴するケース

 

《主に利用する周波数》

UHF 398.606MHz    399.455MHz 399.030MHz

VHF 139.970MHz   139.940MHz

 

| 盗撮被害とは

盗撮


盗撮被害とは自宅や会社、その他の場所において本人の了承ないところで隠し撮り(撮影)をされる行為による被害をいいます。

 

盗撮被害の多い場所


・自宅の自室を盗撮される

・自宅又は出先でのトイレや浴室、寝室など

・旅行先の風呂、トイレ、更衣室など

・駅構内、スーパーなど、階段やトイレ等、

 

盗聴盗撮被害に遭われている方は一人で悩まず専門家へ必ず相談を!

盗聴盗撮被害の対策法・解決の仕方

盗聴盗撮に被害にあったら


盗聴や盗撮の被害にあっていると感じたら出来るだけ早めに専門家へ相談することをお勧めします。被害にあっている、心当たりがある、ないに関わらず実際に迷惑行為にあっている等、詳細をお話ししていただくことで対策や、解決策をご案内いたします。相談できずに一人で悩んでいたり、たいしたことがないと思っていると事態が大きなことに発展す恐れもありますので、生活に支障が出る前に、違和感を感じたら早めの対応をお勧めします。

 

| 自分で出来る対策

状況の把握と情報収集


自宅や会社に盗聴器、盗撮器が設置されていると感じたときは、ハウリングテストを行いましょう。ラジオのFM周波数をずらしながらハウリングが起きるかどうか確かめましょう。近づけた時に高い音がスピーカーから発せられた場合ハウリングが起きてることになります。盗聴器がある可能性があります。

 

| 公共機関、専門家へ相談

解決へ向けての相談


盗聴器や盗撮器での被害を受けている可能性があると感じた時は、出来るだけ早めの専門家へ相談しましょう。嫌がらせや、ストーカーなどは警察での相談は可能ですが、具体的な被害(損害の実態)や証拠がない場合は警察も対応ができないこともある為、内容によっては警察、調査機関を分けて相談することが大切です。盗聴盗撮被害、相談は先ずは調査機関に相談し、発見調査、証拠収集、解決の為の調査を依頼することをお勧めします。

 

|  専門家の解決サポート

専門家による問題解決


専門家が行う盗聴盗撮被害の解決サポートは、調査による実態確認から始まり機器類の除去、対象者(相手)の特定、被害証拠の収集などを行います。ひとりでは解決が困難だと感じたときは早い段階で専門家へ依頼することで早期解決が可能です。問題を先送りしますと取り返しのつかない事態になることもありますので、被害にあっていると感じたときは必ず専門家へ相談ください。

全国ネットワークでの対応

全国ネットワークでの対応が可能です。各地域ごとにおいて調査員が対応します。相談員に相談し専門の担当者が決まったら地域の調査員と連携を取っての対応ができますので費用も無駄が生じることなく調査が可能です。


盗聴盗撮・嫌がらせ調査では東京総合探偵興信社は多くの弁護士事務所に推奨されています。ひとりで悩まず盗聴盗撮・嫌がらせ調査サイトをご利用ください。東京総合探偵興信社は、警察の捜索協力も行っております。

全国東京総合探偵興信社全国マップ

盗聴盗撮被害に関わる調査費用 とその他調査費用

探偵興信社嫌がらせ対策プラン
沢山の方が利用しているプランです

 

■盗聴被害プラン
被害確認調査 盗聴器盗撮器の有無を器機にて調査

1日1時間~ 一部屋単位 50,000円~ ※調査員1~3名被害状況を確認の上、対策や解決法をアドバイスが可能

対策解決調査 盗聴器類を仕掛けた相手の特や証拠収集調査

取り外し・対策サポート150,000~ ※調査員数3名以上 被害状況の証拠収集や相手の身元調査も含めサポートが可能

諸経費 実費分(交通費・燃料費・機材費用) ・ 調査延長費用(任意)

 

■嫌がらせプラン
被害確認調査 事実確認調査 嫌がらせ相手の特定調査等 証拠収集

2日~3日 単位 150,000円~ ※調査員1~3名被害状況を確認の上、対策や解決法をアドバイスが可能

対策解決調査 証拠撮影・相手の特定 解決のための情報収集

・対策サポート250,000円~ ※調査員数3名以上 被害状況の証拠収集や相手の身元調査も含めサポートが可能

諸経費 実費分(交通費・燃料費・機材費用) ・ 調査延長費用(任意)

 

■ストーカープラン
被害確認調査 事実確認調査 嫌がらせ相手の特定調査等 証拠収集

2日~5日 単位 200,000円~ ※調査員1~3名被害状況を確認の上、対策や解決法をアドバイスが可能

対策解決調査 証拠撮影・相手の特定 解決のための情報収集

・対策サポート300,000円~ ※調査員数3名以上 被害状況の証拠収集や相手の身元調査も含めサポートが可能

諸経費 実費分(交通費・燃料費・機材費用) ・ 調査延長費用(任意)

 

■電磁波被害プラン
被害確認調査 電磁波特定調査 被害状況確認 周囲周辺の現地状況調査

2日~3日 単位 200,000円~ ※調査員1~3名被害状況を確認の上、対策や解決法をアドバイスが可能

対策解決調査 電磁波特定調査 被害状況確認 周囲周辺の現地状況調査

・対策サポート300,000円~ ※調査員数3名以上 被害状況の証拠収集や相手の身元調査も含めサポートが可能

諸経費 実費分(交通費・燃料費・機材費用) ・ 調査延長費用(任意)

 

調査依頼基礎知識に関するご相談はこちら

 0120-984-307 24時間無料通話 ご相談窓口

メールフォーム